« 茹で方 | トップページ | 仲良し金魚ちゃん »

2009年10月28日 (水)

『こんくらい』の話

最近、図書館から本を借りるのにはまっております。


図書館なんていうのは、小学校以来ぐらいのもので。。。
いまの歳になってから、借りるのは初めてのことです。


『蕎麦』についての本を先日借りました。


『蕎麦』というものは実に深いもので、まだまだ経験がわたしも足りません。
そんな中、今回の本に出逢いました。


『蕎麦』を打つといろいろなことがわかるものです。
その中で、
『そうそう!そうだよねー』
と、思ったことがありました。
それは。。。


『こんくらい』


というコトバ。
『蕎麦』を打つには、『こんくらい』がかなりあります。
基本的な水加減ですとか、粉の量は決まっています。
けれど、いろいろな条件により、そのすべてを使うことは。。。
あったり、なかったり。。。
それ以上だったりしたり。


なので、


『こんくらい』
が、ものすごくしっくりくるのです。


『こんくらい』


伝えるのは難しいものです。
母親に料理を聞くと、返ってくるのが


『だいたい』


まぁ、これと同じなんでしょうね。


今日も最善を


うさこ

« 茹で方 | トップページ | 仲良し金魚ちゃん »

コメント

いいね、「こんくらい」(^_^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 茹で方 | トップページ | 仲良し金魚ちゃん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ