経済・政治・国際

2008年4月 3日 (木)

カーリング型

今年の新入社員は、『カーリング型』だそうで。
磨きすぎると、はみ出してしまう可能性もあるとか。

少し前の日経新聞では
『バブル期を上回る超売り手市場で、氷上を滑走するようにスムーズに入社できた状況をトリノ冬季五輪で注目を集めたカーリングにたとえた。売り手市場入社組だけに企業への帰属意識は低く、早期離職や転職を繰り返す若者の“扱いにくさ”も表現。景気の先行きに不透明感が増すなかで「自分の将来を自ら切り開かなくてはならない」という警鐘の意味も込めたという。』

「磨きすぎると、はみだしてしまう」というのは難しいですね。

うちの会社でも最近は、『せっかく教えたのに・・・』の繰り返しです。

以前、会社にいた後輩は、ひどいものでした。
メモやノートの書き方も分からず、そこから教えるのです。
学校でどうやってきたの?って聞きたくなるくらい。
よく卒業できたものです。

上司にも怒られ、指導先輩にも怒られ・・・

けれど、彼女のいいところは、こんなに怒られてもめげなかったコトでしょう。
普通なら泣くのかなと思うトコでも、そういうことはなかったし。
そこはすごいって思ってました。

う~ん、でも待てよ・・・
今考えると、ただ単に怒られている意味がわからなかったのかも
そっか。ハハハ・・・

ふつ~の人でいいんだけどなぁ。
どうか、仕事が早く落ち着きますように・・・。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ