うさこコラム

2010年4月22日 (木)

はる

春になりました。

うさこも働くようになりました。
いろんなことがひさしぶりで、とまどうこともありますが
なんとか楽しくやっています。

毎日たくさんの人と出会うようなお仕事です。

いろんな人をみます。
聞いていると面白いこともあります。

まだまだ不慣れですが、ジブンのペースでできたらいいなと思います。

福島のみんなにはなかなか逢えませんが
新しいステージに立った友達からのメールや
うさこを心配してくれる人からの連絡をもらうと
嬉しく思います。

元気でがんばっています。

うさこ

2009年7月15日 (水)

お蕎麦の出展について

先日、イベント参加の告知をいたしました。

ところが、「蕎麦の味比べ」という名目になっているという動きがあるようで
蕎麦は、それぞれ個性がでるものですし、味比べとなると
個人的には、参加を見合わせようかと考え中です。


いろいろと考えてはいたのですが。。。
少し、連絡待ちです。


知り合いのみなさんにも、直接メールでお知らせしたのに
なんだか、ちょっと残念です。


でも、実はこのお話をしたところ別なイベントからお声がかかりまして
そちらを検討しようかと思っております。

開催日は、8月の2週目あたりかな。


弟夫婦の出産も控えている中、どうなるかびみょーなところです。
準備するほうとしては、期間的に余裕があるので
そちらのほうが、いいかなとは思っているのですが。。。


「うさこさんの蕎麦屋さん」
さて、どこでデビューすることになるのでしょうか。

流れに身を任せます。



うさこ

うさこそば屋@栃木県 大田原市

日曜あさいちに、初出展いたします。

とき
7月26日日曜日
朝8じ〜12じ

ところ
栃木県大田原市
栃木銀行大田原支店隣り

アタマの中がグルグル回って、今からあたふたしております。

いたらない点もたくさんあると思いますが、
お時間あるかたはぜひお越し下さいませっm(u_u)m

うさこ

2008年9月16日 (火)

時計

Pa0_0754_2


「もうひとつの家」そう呼んでいるお家がある。

そこの家のキッチンには、小さな10センチ程度の置時計がある。

小さいけれど、えらそうに時を刻んでいる。




1日24時間。




皆に与えられた平等な時間。





最近気がついた。

どうやら私は、コチコチ時を刻む音がする時計が好きではないらしい。

きまったリズムが気に食わないみたい。




リズムは、嫌いではない。

むしろ好き。

だけど、時計のコチコチは嫌い。

実に矛盾している考えである。




「もうひとつの家」の夜に聞こえるコチコチが嫌いである。

私をそんなリズムに乗せないで。

夜に聞くと特にそう思う。

昼間の騒音が静まりかえるからだろうか。

やけに耳に響く。

私は、何度か置時計の背中にある電池を外した。




コチコチニノリタクナイ。

イソガセナイデ。

モットユックリイカセテ。




私の中のコチコチは、時計のコチコチよりもっと遅い。

これまた最近気がついた。

24時間という限られた時間を、コチコチというリズムで刻んで欲しくない。

もう。やめてと叫びたくなるときもある。






酒を呑みかわしながら、会話を楽しむ。

『知らなかったの?5年遅れ?10年遅れじゃない?』

その時は、そうかぁ・・・って、素直に笑って言葉を受け入れた。




今頃知った。

・・・そうじゃないみたい。

私の中のコチコチが遅いからなんだ。





私は、何歳まで生きるか知らない。

生から死へ少しずつ向かっているのは、知っているけど。





時間の使い方は、皆、自由だ。

感じ方も。







私は、時計のコチコチが嫌い。

同じ時間だけど、私のコチコチはもっと遅い。

そのリズムに乗せないで。





矛盾しているけど。








ちなみに、私の部屋の時計はコチコチしない。

2008年9月 4日 (木)

今・・・・って?



お家でお気に入りの紅茶を飲みながら、読書をしていました。

視界に赤いものが、チラッ、チラッ・・・

「なに???」

近所の赤いTシャツを着た子が、自転車で同じコースを行ったり来たりしてようで
それが、目についたみたいでした。

子どもって、遊ぶ天才なんですね

ていうことは、大人は、遊び下手??




夏休みの思い出に、水族館に出掛けた親子がいました。

普段、なかなか接することが少ないので、思い出に・・・と思ったのでしょう

そのパパは、本当はものすごく疲れていました

心も体も

ボロボロになっているのに。

子どもの為を思って、水族館に行きました

息子さんに感想を聞いたわけではないので、どういう印象、どういう感想をもったかどうかは私は知りません。

結果的にいうと、そのパパは予想通り疲れ果てて帰ってきたようです



その水族館じゃないと見れない魚がいるなら別でしょう。

そこまで行かなくても、近くの水族館でも、十分だったのかも・・・と私は思いました。

例え、淡水魚の水族館でもね



子どもは、遊びの天才です

子どもが望んでいるならば、行くのも正解でしょう。


でもね、息子さんは感じているかもしれませんよ。

パパが本当は疲れていることを。

楽しかったのは、間違いありません。

よい思い出にはなったと思います。





このパパに限らず、疲れている人へ


毎日の生活で、あわただしさやあせりを感じ、

どうしていいかわからなくなっているのではないですか?

もしかしたら、心が人生の航路をはずれて

前向きに働かなくなりかけている証拠かも・・・。



決して、考えることが悪いと言っているのではないですよ

ないんですが・・・

いろいろなことを考え出しているのは、自分だということに気付いて欲しいと思います。



あれもこれも・・・子どもとも遊ばなくちゃ・・・明日の仕事は・・・・


たくさん考えていませんか?


今も、考えていませんか?



ほんの少し、頭をからっぽにしてみてはどうでしょう?

考えることを休んでみてはどうでしょうか?



だまされたと思って、ちょっと試してみてください



見えなかったことが見えるようになるかも・・・ですよ

イメージが浮かぶかも・・・ですよ

悩んでいたことが楽になるかも・・・ですよ




「今」に頭の中を切り替えることで、きっと楽になると思います

「今」ですよ!!

なにかをしながら、先のことを考えるのではなく

たった今してることに集中して下さい。



あれこれ考えていては、疲れちゃいますよ?




疲れを作っているのは、わたし(あなた)の頭の中です。




自分自身じゃないでしょうか・・・。




先のことばかり考えず、「今」に目を向けてみてはどうでしょうか・・・




大切なのは、「今」だと思います






いつもより楽しくなるかも・・・ですよ。

お子様も感じるかも。

自分が思うより、伝わっているのではないでしょうか。

感受性が高いですから。





どうぞ、お試しあれ





注)現状に「気付く」ことから始めることをおススメします。






うさこより

最善を。







2008年9月 3日 (水)

鏡のワタシへ

鏡で自分の顔を見てみました

自分の顔はどんな顔だろう

顔は確認できました



じゃあ、内面は?ワタシって?



顔は内面から出る場合もあるって誰かが言ってた…


客観的に見ることはできるけど…


なんとも難しい…




では、問いかけてみてはどうかなぁ


今の私ってどうなの?




『考える私』



『感情的な私』



『冷静な私』



『暖動な私』



『甘えたい私』



『愛が欲しがる私』



『学びたい私』



『行動する私』



『休みたい私』






でも、私は一つ




私はワタシっ。





どれもこれもワタシ。





私はワタシを受け止めよう


感じてみようよ


考えてみようよ


どのワタシも応えてくれるよ





だってワタシだもん


ワタシっていう人間だもん






そ~っと耳を傾けて…


じ~っと自分を感じてみて


わからなかったら、聞いてみたらいいよね


ワタシを見ていてくれる人が必ずいるもん


どこかにいるもん


きっと私を教えてくれる


ヒントをくれるよね




でもね、決して考えこんじゃダメだと思う



考える穴にはまってしまうから


穴じゃなくって


穴の周りをのぞいてみようよ


感じてみよっ


私はワタシ


ワタシは一つ




ワタシに問いかけたら、ワタシが応えてくれる


だって、ワタシに聞いてるんだもん


ワタシはワタシに教えてくれるよ






ワタシを感じて・・・




感情じゃなく、感じて・・・



考え込むんじゃなく、感じて・・・



ワタシが応えてくれるから





信じて聴いてみよっ




ワタシに・・・・

2008年9月 1日 (月)

ゴールは未定

私の『ゴール』とは?

はて・・・なんでしょう




私が考えるには・・・

「ゴールはあちこちにあります」・・・とおもいます




一つの仕事のゴール

家事を終えたゴール

ブログを書き終えたゴール

ウォーキングをして、家に帰ってくるゴール

寝て起きるゴール

夜が来て朝がくるゴール





なんでもありだと思います。



なんでもいいと思います。





居心地のいい場所。

居心地のいい時間。





歩いてみたり。


走ってみたり。


考えてみたり。


悩んでみたり。


笑ってみたり。


泣いてみたり。


立ち止まってみたり。





あっちへゴロゴロ・・・、こっちへ、ゴロゴロ・・・





自分が良いと思う方向へ




ゴロゴロ。



頭の中もゴロゴロ。



カラダもゴロゴロ。



動いたらいいと思います



自分が納得するところに。





でもね・・・ちょっとご注意を




時には、「ジッとガマンをしてみることも大切」・・・だと、わたしは思います。

だって、ずっとゴロゴロしてたら疲れてしまうでしょう?





そしたらねぇ・・・そうだなぁ。



空でも見上げてみよう。


すぐ目の前にあるものでもいいと思う。


頭をいつもと違う方向にむけるって気持ちがいい。




ん?




違う方向だから、気持ちがいいの?


気持ちがいいから、違う方向にむけるの?






まっ、気持ちがいいことには、変わりないかぁ~





・・・ゴロゴロ。




ゴールを設定してしまったら、その先どうするんでしょうね?


また、違うゴールが見つかるのかなぁ。


よくわからないけど。




ゴロゴロしているうちは、『約束』はできませんね。


だって、ゴロゴロしてるんだもの。





今日も、ゴロゴロ。

明日も、ゴロゴロ







最善を





うさこより。

2008年8月31日 (日)

お金で買えないもの

最近、お金で買えない物を買っています

それも大量に。

今日もある一冊の本を読みました。
ずっと納得してなかったことがあったのですが、やっと納得しました。
やはり、自分で確認しないとダメな性格のようです。

この本は、教えてくれました。
またまた「気付く」ということを



私は、彼と付き合ってあと何か月かで2年になります。
その間、ものすごくいろんな事がありました。
ものすごく大変でした
まぁ、今も大変って言えば大変ですが、「楽しめる」ようになりました
「幸せ」だとも感じるようになりました




それまでの私は、「言葉」「感情」をうまく出せませんでした。
思ったり、考えたりしても、そ~っと閉まっていました。
『躰』の中に。



彼と出会ってから、それが少しずつ少しずつ変わり始めました。
でも、なかなか外に出せません。
彼にも流れていきません。


それが、彼と付き合うようになって、うまく出せるようになったと思っていました。
でも・・・、まだまだ足りなかったようです。


彼は言いました。
私のことが「わからない」と。
・・・心を閉ざしてしまいました。





ここ1か月で、たくさんの本を読んでいます。
本はお金で買っていますが、お金以上のものを「得て」います。

友達ともよく話すようになりました。
私の言葉で、私の表現で。
熱心に耳を傾けてくれました。

でも・・・よく考えてみると、「大切な彼」に私は話をしていませんでした


「自分の言葉で」・・・思いを、考えを伝えていませんでした。



彼は一番近くで『聴く耳』をもっていてくれたのに。



それを、後から感じました・・・。
「言葉」「感情」をうまく出せないんじゃなくて、伝えていなかったのです







何度も書いているかもしれませんが、「うつ病」になって違う目線から見ることができるようになってきました。



私と彼は・・・、いわゆる精神病です。



私の親は、「精神病」とか「うつ病」だとか、『そういうことは他の人に言うな!』といいます。
だから、言っちゃいけないんだって、ず~っと我慢してきました。
そして、彼も・・・。
うつ病は最近増えてきているので、よくある「病気」として認知されてきました。
でも、彼のほうは、まだまだ知られていない病気です。
理解も、解明も。

親の言うことも、彼の言うこともわかります。
社会的立場からいえば、正解です。

私も一応会社員です。
みんながみんな理解してくれるとは、限りません。
おかしな目で見る人もいっぱいいるでしょう。

みんな自分が基準となっているのだから、それは、当り前だと思います。
私だって、そうみていた時期もありました。

私もワタシ基準があります。

基準がそれぞれありますが、『信頼していれば通じることもある』と私は言いたいです。


それには、自分を信じることが大切です。



私には意思がない』とよく彼は言います。
コロコロ変わって、自分というものがないのか・・・と。


それは、『自信』がなかったからなんでしょうね。きっと。
カメレオンみたく、場所や環境によってコロコロ変わって・・・。
自分がなかったみたいです。



彼は、一人の人間として「1対1」で教えてくれました。
彼の大切な時間を使ってくれて。



来月いっぱい、会社はお休みをもらっています。
「うつ病」になって、もうだめだ・・・と思わず、



『人生の充電期間』『人生の節電』だと思って。



彼が教えてくれたことを、復習したいと思います。




いろんな病気の方が今の世の中いることでしょう。

彼もその一人。

私もその一人。

先に進みたいと思いますが、少し我慢しましょう。
私も一緒に我慢します。


私は、病気や、自分から逃げないで向き合います。
・・・まずは、「うつ病」から。


病気は、恥ずかしくありません。
信じてくれる人は、必ずいます。
信頼してくれる人も、必ずいます。
安心していいっ




そしたら、イメージしていた方向へ一緒に。

意思未来です。



私は、イメージは・・・彼の支えになること。
「1対1」で向き合うこと。
これが、私の意思未来





最善を



うさこより

2008年8月22日 (金)

おおぉ~!たてるか???

こんばんは。
今日は、またまたお友達の家に行ってきました。
写真は、つかまり立ちができるようになったかなぁ???という、お友達の娘様です

最近、「人見知り」をするようになりまして。
数日前に行ったときは、そりゃぁ~もぉ~大騒ぎでした

「人生が終わりだぁ」っていう泣き方は、ホントあのコトなんだろうなぁ。
改めて、実感したのでありました。

そして。。。今日は!!!なんと!!!!

泣かなかったぁ~!!

よかった ホントによかった
覚えてくれた

抱っこ、ご飯、お昼寝、ハイハイ。。。一緒にしてきました

赤ちゃん目線で。。。というのが大事なんですね。
この前、ず~っと、わたしの顔を見ていた理由がわかりました。


泣きながら、わたしのコトを記憶してくれていたんですね。


なので、今日は、わたしが娘様のマネをしてみました。
ず~っと、観察してから(笑)


同じコースをハイハイしてみて、その先になにがあるのか?
なにが見えるのか?
なにに興味があるのか?


。。。見えましたぁ



乳歯が生えてきているので、ムズムズするかなぁ。
なんでも噛み噛みしたいようです。
端っこ、カーペットなどの端っこ目指して、行くんですね。


必ず、理由があるんですねぇ。
日々、成長してるねぇ。


帰ってから、母親にこのことを話しました。


ハイッそしたら一言・・・・・・『何日か経ったら、忘れるんだよね


うっっ・・・、マジかよ。
また、行こうっと




さて、ここから本題。




頭の片隅にずっとあったことの、応えが見つかりました。みつけました。感じました。

ハッキリと。


私は、ずっと自分に自信がありませんでした。
自分という存在を認めていなかったようです。

自分は、自分。
それしかないじゃん。
後は、なにがあるの?

根拠がなかったのです。
そう思っていても。

自己嫌悪。
劣等感の塊。

真っ黒くて。
すごく大きくて。
重かった。

よく延々と持っていられたものです。
31年間?物心ついた時から??
だとすると、・・・何十年・・・かな?
まぁ、それくらいです。

なぜ、そうなったのでしょうね。

他人と比べなくていい。
人それぞれのタイミングがある。
性格・・・血液型・・・生まれた順番・・・責任・・・その他もろもろ。
そう聞きはしますが、まったく分かってませんでした。
ごめんなさい。
いやっ?、あやまることはない・・・よね。

ん~・・・多分、多分ですが、コンセプト、情報、箱、いろんなものが先に来ちゃったんでしょうね。
先に、入ってしまったんでしょうね。
だからかなぁ。

長女だから・・・お姉ちゃんだから・・・~だから、~すべき、~したほうがいい。

これが先に、インプットされてしまったのでしょうね。
あっ、これを書いている今でもありますよ。
前よりは、小さくなった・・・と感じたから、書いてます。



気付く



・・・気付いたんでしょうね。

赤ちゃん・・・遠くの人、近くの人、モノ、物、者・・・・で。


簡単に言うと『大人の赤ちゃん』ですよ。
ワ~ワ~騒いで、泣いて、叫んで、苦しんで、楽しんで、笑って、寝て、また泣いて。
じったばったしてた訳ですよ。

これは、赤ちゃんよりかなりひどいです。
赤ちゃんは泣くことで意志表示しますが、比べものになりません。
話すは、行動するは、お金はつかうは、時間はつかうは・・・ホントひどいもんです。

迷惑極まりないです。
非常識です。
会社だったら、大損害、倒産です。

年齢を重ねてから知るって、大変です。
年齢のせいにはしたくないですが、言っちゃったので(笑)



話、飛びますが・・・・



ある人は、とても効率的な生き方をしています。
その辺の誰かよりも、ずっと。
非常に器用です(まったく、漢字が多すぎ辞書が手放せない

しかも、目的に向かって。

一見みると(いっけんは、これでいいのかなぁ)、わかりません。
全体的におぉーきくみないとわかりません。

ちょこっと知ったくらいじゃ、わかりません。
もちろん、舐めて味見したくらいじゃあ、わかりません。

私も全部は知りません。

かなりの珍味ですから。

かなりの・・・・ですから。



話、戻ります。
忙しいです。ハイ。



偉そうに書いてますが、明日にでもまた、さまようかもしれません。
迷路に入ってしまうかも。
ポチャント池にハマってしまうかも。

「~かも」と考えたらキリがありません。




仕方ないです。
これが、わたしの細胞の質なのです。
これが、わたしの個性なのです。

「これがいい」
「あれがいい」
「正解」
「間違い」

どれも、わたしです。
どのみちを選んでもわたしです。


例え、迷路に入ってしまっても、どうにかなります。
今は、いろんなモノがあります。
人に手伝いを求めてもよし。
ドリルで穴をあけて、ズルしてもよし。
ショベルカーで穴を掘ってもよし。
爆破してもよし。
なんでもありです。



そして、カラダが表現してきたのが、うつ病。
「いい加減気付けよ!!!」って怒られました。
カラダから

そういや、数年前にもカラダから言われてたなぁ。
ごめんねぇ。



そしてそして、繋がるのが、さっき書いたある人。



わたしは、その人の力になります。
なれるよう、なにかをもっと吸収します。
その人の応援もします。
いろんな方面のその人を応援をします。
忙しいです。この人。
ものすごく。ホントに。マジで。

わたしにしかできません。

わたしだからできます。



いつか、わたしがもっと上手く人に伝えられるようになったら・・・・
その人について、本を書きます。
これが、わたしの目標。・・・でいいのかな(笑)



それと、ブログがいっぱいになったら、本にします。
このブログ、多分、本にできたような・・・
廃止にならない限りは。
いつか、わたしがこんなコトを思っていたとか、こんなコトを考えていたんだと、
伝えたい人に渡したいなぁ。
必要としてくれる人に。
それは、誰かわからないけど。


今と矛盾してるじゃんって、つっこまれたりしてね(笑)


そう言えば、いつか伝えたいって、ノートに名言集みたいな言葉を書いている人もいたなぁ。
なぐり書きのような字で(笑)




そんなコトを感じ、思った今日でした。
まとめになってません・・・・ね。


では、寝るぞ!!!






2008年8月21日 (木)

最善をっ!

『今日も最善を』


私が、よく言われた言葉です。

なんだか、最近、振り返りの旅をしているような感じですね
人生は、旅の過程を楽しめって言うくらいですから、いいよねっ。



『最善』
え~っと、わたしが生まれた以前の辞書しか手元にないのでそこの意味を抜粋させてもらうとですねぇ。
いちばんよいこと。全力。できるかぎりの方法・努力。「~をつくす」≫




一般的に、相手を応援したりする時、
「頑張って」
「一生懸命頑張って」
などと言うのが、多いでしょう。


私もその中のひとりです。
ってか、それしか知らないんですから。
『今日も最善を』と言われても、ピンっっとくるものがありませんでした。



ある時、病気になってわかりました。
病気を限定するわけではありませんが、わたしは診断上は「うつ病」です。
それ以外の病名は、よく知らないので、わたしの場合を例にとります。


「頑張って」
「一生懸命」
このことばは、非常にプレッシャーです。
自分に気合を入れる、気持ちを入れる場合に使うなら別ですけど。



他の人から、このことばを貰うと背中が妙に重く感じました。
矛盾しますが、素直に受け取るときもあります。



言うほうは、ほんの一瞬です。
一瞬なのですが、受け取る側が。。。
また、「もしも」という表現をしますが。
「もしも、病気だとしたら」
「今、精一杯力をだしていたとしたら」
さらにプレッシャーになることでしょう。
中には、そうは思わない人もいるかもしれませんが、あくまで私。。。という立場からの感想です。


「一生懸命」。。。一生、がんばれと?がんばり続けろ?と言うのかと。
だったら、『一所懸命』を希望します。



そう考えると、【最善を】は非常に良い言葉だと感じました。


ここからは、わたしの解釈です。



最善・・・最も善いこと?善い行い?



はて、なんだろう???
イメージしました。
考えました。


相手は、わたしへ「最善を」と言ってくれたのです。
私の「最善」?
私にとっての一番に善いこと。
これだ!と思いました。



少し前に「波動」という表現を使いました。



私は、水です。
水溜りになったり。
水路になったり。
川になったり。
海になったり。
水になって、旅をしています。



水は、かたちを変えることができます。
水滴だったり。
ちょっと大きな水滴になったり。
時には、雪にも変身したり。
でも、また水となります。



目で見る波は、海を想像します。
私がいま、小さい脳みそでも波がおきています。
動いています。
これが、いつか「波動」になることを願っています。



カタチはわかりません。



どう動くのかもわかりません。



そして。。。残念ながら、後から感じます。





いま、私は毎日「最善」を尽くしています。
自分にとっての「最善」です。
自分ですよ。


波動は意識していません。
手に取るものから。
目の前から。
得るようにしています。


自分を大きく見せようともしないほうがいいでしょう。


水ですから。
波ですから。


低かったり、高かったりするでしょう。


それでいいと思います。




いつか感じることができます。
それは、明日かもしれない。
10年後かもしれない。
もしかしたら、ずっとわかんなかったりもする。




それでもいいじゃないですか。



遠いどこかで、誰かが波にのるかもしれません。



気がつかないうちに。
もしかしたら。



想像してみて下さい。
想像してみて下さい。



意志未来はそこから。




さっ、今日も最善を!!!




うさこより






より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ