物語

2009年5月17日 (日)

2人だけの恋物語

その彼女の部屋の窓辺には、鉱石があります。

090517

知り合いから譲ってもらった鉱石。
その彼女は、ものすごく嬉しかったみたい。
言葉で感情をうまくできなかったり、感情表現が下手だったりするけれど
その彼女はものすごく嬉しかった。


彼女は、新しい街に引越してきたばかり。

新しい部屋。
新しい天井。
新しいニオイ。
新しいおひさま。

そして、新しいジブン。



そして。。。。その彼
彼の家までは車で15分くらい。
遠くもなく近くもなく。

その彼女は、新しい街でまだちょっと戸惑いながらも毎日を過ごしていました。
彼女の家と彼の家をいったり来たり。


そんな生活を送っていました。


彼女は、初めて逢ったときから彼を好きでした。
ずっとずっと。
それに気がつくまで4、5年もかかったけれど。


いまこうして近くにいれることで、にっこり。
彼女が作った料理を彼が食べて、にっこり。
2人で野菜やお花を育てて、にっこり。

時には一緒に目覚めて、にっこり。



鉱石がもたらすパワー。
そのときの彼と彼女は、まだなにも気がついていませんでした。


にっこりほほ笑む毎日。


その彼女の部屋の窓辺あるのは、鉱石。





2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ